三城の社会的価値とは CSR VISION

私たち三城グループが考える
持続可能な社会における存在意義は、
「全てのステークホルダーを
豊かで幸せにすること」

地域社会、人や私たちを取り巻く環境との調和と、持続可能な社会を目指し、信頼され愛される企業であるために、サステナビリティを重視し本質を見極めた事業活動を通し、サステナブル社会の実現に繋いでまいりたいと考えています。

三城グループのポリシー、
それはお客様お一人おひとりにお合わせすること。

創業来、「お一人おひとり」の様々な‘視力’や‘聞こえ’のお困りごとを解決し、安心やときめきに転化し、「合わせる」ことでお客様に驚きや感動を与えられることに心血を注いでまいりました。
そのために、安心してご来店頂き、明るい気持ちになれるような店舗環境や、信頼してお任せいただける人材の育成、長く安全に使い続けられる商品開発への取り組みが、お客様お一人おひとりにお合わせする私たちの強みだと思っています。

入社後最初に教えられることは、出会いの奇跡。

世界の中で日本という国の、長い歴史の今このとき、多くのメガネ屋の中から三城を選んで下さり、他でもない自分がお相手する、お客様との奇跡のような出会いに感謝すること。人との出会いの奇跡を知ることで、相手を思いやり、自分の家族や友人のような気持ちで興味と関心を持って、お客様も気付かなかったニーズを発見出来る、それが最高の顧客満足のご提供に繋がると、研修の最初の授業で教わります。
お客様がどのようなサービスや商品を望んでおられるかを常に考えることが新しいマーケットへの挑戦の原動力となっています。

「第一にお客様とその未来のために、第二に社員とその未来のために、第三に企業とその未来のために」という経営理念に基づいた事業活動や社会貢献が、SDGsをはじめとする世界の潮流に沿っていると考え、これからも地域社会・お客様・従業員・協力会社などのステークホルダーとの対話を通し、社会において担うべき三城グループの役割を果たしてまいりたいと思います。